NEWS

ATEEZ、ソウルで2回目のワールドツアーが幕を開く ‘特級ファンサービスでびっしりと会場を埋めた’

 

[写真提供 : KQ ENTERTAINMENT]

 

ATEEZ(エイティーズ)がグローバルワールドワイドアイドルの容貌をしっかりと証明した。

 

8日、9日の2日間ソウルオリンピック公園でATEEZの2020年ワールドツアー ‘ATEEZ World Tour The Fellowship: Map The Treasure’(エイティーズワールドツアーザフェローシップ: マップザトレジャー)が開催された。

 

この日 ‘WIN’(ウィン)と ‘Horizon’, ‘Pirate King’でオープニングステージを華やかに飾ったATEEZは“ソウル公演に来てくださった皆さんを歓迎する。宝石を探して旅立つストーリー(トレジャーシリーズ)はもう終わりだ。これからどんなストーリーをお聞かせすることができるかわからないが、多くの期待をしてほしい ”とファンたちに対する挨拶を交わした。

 

目を離すことができないATEEZのステージで観客の心をつかんだ。完璧なパフォーマンスで視線を集めたATEEZは ‘ILLUSION’(イリュージョン)と ‘WAVE’(ウェーブ)でまた違う一面を見せるのはもちろん、‘AURORA’(オーロラ)、‘UTOPIA’(ユートピア) などで感性的な雰囲気まで見せつけた。

 

観客の熱い熱狂の中ATEEZは ‘Say My Name’(セイマイネーム)、 ‘HALA HALA’(ハラハラ)、初のフルアルバムのリード曲 ‘WONDERLAND’(ワンダーランド)まで休む間もない切れ味抜群のダンスを見せ、さらに安定したライブの実力で次世代K-POPを引っ張っていく次世代ドルの地位も見せつけた。

 

これ以外にもATEEZは今までの放送では見ることの出来なかった、多彩な収録曲のステージを始め、テーマごとに変わっていくVTR映像、近くでファンと触れ合う時間まで用意し、特級ファンサービスが繰り広げられた。

 

多くのアンコールの声援に後押しされ、ステージに再度上がったATEEZは “いつも僕らはATINYのそばにいる。僕らだけの歌で公演をするということが、とても幸せな時間だ。またソウルで公演をするその日まで、今日が意味深い1日として記憶されたら嬉しい。”と感想を伝えながら、熱い熱気の中コンサートは幕を閉じた。

 

デビュー4ヶ月で初のワールドツアー ‘The Expedition Tour’(ザエクスペディションツアー)全席ソールドアウトを記録したATEEZはソウルで 幕を開いた‘ATEEZ World Tour The Fellowship: Map The Treasure’ も同じく、ロサンゼルス、ニューヨーク、ダラス、マドリードなどでソールドアウトが続いており、K-POP歴史上最短期間でツアー観客10万名の集客に成功、グローバルなファンの多さも証明した。

 

ソウルコンサートを成功的に幕を閉じたATEEZは3月にヨーロッパ7都市、4月に日本2都市、アメリカ5都市でワールドツアーを続けていく。